名古屋市東区の天ぷら【天ぷらやじま。】

天ぷらやじま。プロデュース

和心珈琲

 ~日本の伝統文化「茶道」を世界共通の飲み物で~

 

茶筅に触れたことのない、使ったことのない日本の方や

世界中の方々へ和の心を感じて頂きたいという思い、

さらに栄養価が高いと話題の焙煎前の生豆、

栄養価の失われていない

オーガニックグリーンコーヒーに着目し、

超微粒子パウダーコーヒーをご用意しました。

 

 

近年、コーヒーには「ダイエット」、「美容」など健康に効果があるということが話題になっています。習慣的にコーヒーを飲む人は、心臓病、脳卒中、呼吸器疾患による死亡リスクが低下するという報告もあるそうです。

 


コーヒーには植物に存在する苦味や色素の成分(ポリフェノール)の一種である「クロロゲン酸」が成分としてあります。クロロゲン酸と一口に言ってもその種類はさまざまで、カフェオイルキナ酸(神経細胞保護作用)などがコーヒーの生豆に多く含まれています。 

クロロゲン酸類を摂取することで、老化予防に期待され、若々しく、過ごすことが出来るとも言われています。

 

 

コーヒーに含まれるポリフェノールであるクロロゲン酸の仲間は、体の中でフェルラ酸という成分に代謝されます。

 

このフェルラ酸は血小板が固まるのを防ぎ、血液をサラサラにしてくれるため、血管が詰まりにくく脳梗塞や心筋梗塞を防いでくれると考えられています。

 

また、コーヒーに含まれるカフェインが気管支を拡張する作用があり、呼吸器の機能を改善する効果があるともされています。

 

 

カフェインは炎症予防もあり、ポリフェノールは酸化を防ぐ効果もあるとされています。

                       焙煎前の生豆 グリーンコーヒー
                       焙煎前の生豆 グリーンコーヒー

一般的にコーヒーとは、コーヒの生豆を焙煎して飲む「嗜好品」です。クロロゲン酸は熱に弱いので、コーヒーとして飲む時には、「栄養成分が分解されて少なくなる」という特徴があります。

 

そのため、健康目的でコーヒーを飲むのであれば、一般的な考え方としては「コーヒーの飲む量を増やす」以外に方法はありません。

 

ただし、コーヒーの量を増やすことはカフェイン(適度ならば健康作用のある成分)の量を過度に増やすことになり、胃にも負担がかかり、さらに口臭問題も気になるところです。

 

 今回、天ぷらやじま。がプロデュースした「和心コーヒー」は、それらの問題を解決した画期的なコーヒーです。

超微粒子パウダーコーヒー
超微粒子パウダーコーヒー

 

 普段飲むコーヒーの量で、クロロゲン酸を豊富な状態で摂れ、カフェインも低減、胃にも優しく、口臭も予防してくれる、といいことづくめの和心たっぷりのコーヒーです。

「新しい生活様式」の一つとして、

 

・香り高い焙煎コーヒーの合間の一杯に

・忙しくて焙煎コーヒーが準備できない朝に

・仕事の合間のリラックスタイムに

・血糖値の急上昇を防ぐ食前に

・食後のデザートのお供に

・より健康を意識される毎日の嗜好品に

・長く元気でいて欲しいご両親への贈り物に

 

 

令和時代の嗜好品。「和心コーヒー」をお楽しみください。

 

↑「和心コーヒー」のショッピングサイトはコチラから↑

(参考)

公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット

https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/koureisha-shokuji/coffe-kenkokoka.html

ページトップへ